0537-72-6480
診療時間
9:00~13:00
15:00~19:00

△…15:00~18:00 ▲…9:00~12:30/14:00~17:00

小児歯科

治療の流れ
ご予約時のおねがい
HOME»  小児歯科

つばさ歯科が心がけていること

  • 痛みに配慮した治療
    大人でも嫌な注射。子供だったらなおさらです。当院では電動麻酔や表面麻酔を導入しております。できるだけ痛みをおさえた治療を心がけていますので、歯医者が苦手なお子様でも安心です。
  • 治療後の定期検診、フォロー体制
    大人の場合、歯質が成長とともに丈夫になっているためすぐに虫歯が進行することはありません。しかし、子供は免疫力が低く、かつ、歯質もまだまだ弱いため、虫歯が一気に進行していきます。そのため定期検診やブラッシング指導に力をいれ、治療だけでなく虫歯にならないようフォローを行っています。
  • 楽しくリラックスして診療
    初めてのお子様は、怖がって泣き出してしまったりなどでその日は治療ができない場合があります。そのような場合は、機器の説明や歯ブラシだけ、フッ素だけなどまず歯科医院に慣れてもらうところから始めます。また、当院でご用意しているお子様向けDVDを見ながら診察ができます。お子さまが楽しく治療を受けるようご用意しております。

治療を受ける前のポイント

小児の歯科治療の前に歯の治療は大人でも嫌なものです。大人は我慢できることでも子どもにとっては大変です。痛くなる前に来院いただくのが一番ですが、特に小さいお子さまの場合は次のことに注意して下さい。
 
  • 幼児の治療は体調の良い午前中に受診することをおすすめします。昼過ぎや夕方になると疲れて機嫌が悪くなることが多いものです。
  • なるべく嘘をついて連れてこないようにして下さい。かえって嫌がる原因になります。そのかわり治療の後は、たくさん褒めてあげて下さい。
  • 幼児は歯科治療で嫌がって泣いたり暴れたりすることもあります。汗をかきますので特に冬場などは下着などの着替えを用意してきて下さい。また治療中はTシャツなど身軽な服装にさせましょう。
  • 待合室ではなるべくリラックスさせるように保護者の方が本を読んで聴かせたり、おもちゃで遊ばせてあげて下さい。

シーラント

虫歯になりやすい箇所として生え始めの永久歯の奥歯の溝や複雑な形の歯の溝が挙げられますが、レーザーで溝を清掃したのちに、あらかじめ専用の材料で埋めることで大人になるまでの間に虫歯を防ぐことが出来ます。
お子さんが口をずっと開けられるようになりましたら、唾液を巻き込まずに材料がしっかりくっつくので、シーラント開始のタイミングです。(6歳頃が目安)
シーラントは取れやすく、いずれは外れてしまいます。
大切なのは、毎日の歯磨きや正しい食生活習慣です。

フッ素

フッ素とは、ミネラルの一種で歯の表面のエナメル質を強化する性質をもった物質です。
乳歯、生えたての永久歯は軟らかいものですが、フッ素を塗布することで歯が硬くなり、虫歯を防ぎます。
生後6ヵ月から塗布可能です。虫歯がない段階から塗布していくことで、虫歯0の人生になる確率が高まります。
フッ素塗布は3か月~4か月に1度、定期的に通院して受けるのがおすすめです。
リンゴ、ブドウ、チョコ、ストロベーリーの味からお選びいただけます。

小児歯科 Q&A

小児歯科とは、何歳から何歳までなのでしょうか?
小児歯科の最終目標は、虫歯のない、歯並びのきれいな永久歯列を完成させることです。
歯は、初めて乳歯として生えてくるのが月齢6ヶ月頃からです。最初に下の前歯が生えてきてから、2歳半頃まで20本の乳歯が次々と生えてきます。
永久歯が生え揃う13~14歳頃までだと思われる方が多いと思いますが、まだこの時点では上下の歯列の噛み合わせは完成してません。
そして、いろいろと成長発育を考慮した治療計画を立てなければならないため、顎顔面の成長が完了する(20 歳前後)まで、管理してゆくことが小児歯科の役目です。
毎日の歯磨きはいつすればいいですか?
理想をいうと、毎食後磨く事です。ですが、なかなか難しいのが現状ですので、せめて寝る前には必ず歯磨きをする習慣をつけてください。寝ている間の口内は唾液の出る量が少ないため細菌が繁殖しやすい環境になり、虫歯になりやすいからです。
虫歯のなりやすさは遺伝しますか?
歯の質や唾液の質は遺伝すると思われます。特に下の子は、上の子と一緒に早い時期からお菓子を食べ始めますので、特に虫歯になりやすい環境です。注意しましょう。
Page Top