0537-72-6480
診療時間
9:00~13:00
15:00~19:00

△…15:00~18:00 ▲…9:00~12:30/14:00~17:00

義歯・入れ歯

治療の流れ
ご予約時のおねがい
HOME»  義歯・入れ歯

義歯(入れ歯)

歯を失ってしまって歯並びを維持するために近年、様々な治療法の発達によって歯を失う前の健康的な状態に近づけることができるようになってきました。
その中の一つに義歯(入れ歯)があります。
違和感があり使いづらいこともあると思いますが、当院ではできる限り皆様のご希望に合った義歯を製作いたします。
義歯のメリットは治療期間での咀嚼機能の回復が期待でき、保険での治療も可能でインプラントなどに比べて安価であるところです。
しかしながら小さすぎる義歯、異物感の少ない義歯にはときとして残っている歯に負担をかけすぎたり、土台となる骨を失わせてしまうこともあります。
診断とご要望に添って設計させていただきます。
義歯はお口の型をもとに作りますが、出来上がってすぐなじまないこともあります。
お痛みや違和感があるときには我慢なさらず、予約日以外でもすぐにご来院ください。
バネの目立たない入れ歯もございますので、詳しくはお問い合わせ下さい。

保険適用の入れ歯

保険適用の入れ歯は、使用できる素材が限られており、主にレジンとういプラスチック樹脂になります。
部分入れ歯の場合はクラスプ(金属の留め金)を残っている歯にかけて装着します。
プラスチックの素材ため破損が生じても修理がしやすいですが、汚れやにおいがつきやすく手入れをきちんとする必要があります。

保険適用外の入れ歯

保険適用外の入れ歯は、使用できる素材が幅広く、クラスプのない入れ歯や金属を使った入れ歯など様々な入れ歯があります。

ノンクラスプデンチャー

樹脂の弾性を利用して装着する為、クラスプ(留め金)が無い入れ歯です。また樹脂の部分も壊れにくく、薄く、軽くなっているので、違和感を軽減することができます。 クラスプがありませんので入れ歯を装着してることにほとんど気づかれません。

金属床義歯

床の部分が金属でできた義歯です。薄い、割れにくい、熱の伝わりが良い等の利点があります。
床の部分に用いられる金属は3種類あり、以下のような特徴があります。

コバルトクロム床
最もオーソドックスな金属入れ歯
チタン床
軽くアレルギー反応も起こりにくい材質
金床
最も熱の伝わりが良く身体に優しい素材
Page Top