0537-72-6480
診療時間
9:00~13:00
15:00~19:00

△…15:00~18:00 ▲…9:00~12:30/14:00~17:00

補綴治療

治療の流れ
ご予約時のおねがい
HOME»  補綴治療

補綴治療について

補綴治療とは欠けてしまった歯並びや歯の色などを整え、審美性(見た目)を回復させ、より美しい口元を作る治療です。
虫歯や歯周病などで削ってしまった部分を埋めるインレーと、歯がかけてしまった場合に歯根に被せるクラウンがあります。
素材についても、保険適用と保険適用外のものがあります。

保険適用の補綴治療

パラジウム合金という金属、一般的に銀歯と呼ばれているものや、硬質レジンと呼ばれる白いプラスチックを使用します。

硬質レジンジャケット冠では金属を使用していませんので、金属アレルギーの方でも治療をうける事ができますが、強度が弱く割れたり擦り減ったりしやすくなっています。

保険適用外の補綴治療

保険適用外の補綴治療では、様々な素材があります。

オールセラミック

全てをセラミック(陶器)を使用して製作した素材です。
金属を使用しないため見た目が天然歯に近く、金属アレルギーの心配もありません。

ハイブリッドセラミック

レジン(プラスチック)とセラミックを混ぜて製作した素材です。
将来的に色が変わってしまいますが、柔らかい素材なので、周りの歯を傷つけにくいです。

メタルボンド

金属性の人工歯の上からセラミックを焼き付けた素材です。
人工歯の中では最も古くから使われ、強度も強いのが特徴です。

ジルコニア

人工ダイヤモンドとしても知られているジルコニアで作られた被せ物は、見た目や色が自然の歯に近く、金属の物に比べても強度が高いのが特徴です。
金属を使用していないので、金属アレルギーの方でも安心して使用して頂けます。

Page Top