0537-72-6480
診療時間
9:00~13:00
15:00~19:00

△…15:00~18:00 ▲…9:00~12:30/14:00~17:00

一般歯科

治療の流れ
ご予約時のおねがい
HOME»  一般歯科

虫歯治療

歯に痛みを感じたり、冷たい物がしみたりした時は、虫歯の可能性があります。
虫歯の原因は歯の表面に付着したプラーク(歯垢)に棲む虫歯菌。
虫歯菌がプラークの糖分を分解する時に酸を出し、これが歯のエナメル質やカルシウム、リンなどの成分を溶かして虫歯が進行していきます。
虫歯になりやすい人は、歯自体が虫歯になりやすく、糖分を多くとり口腔内が酸性になっていたり、虫歯菌の量が多い環境にあるかが挙げられます。
虫歯にならない方法は、歯科医院としっかり予防していくことが大切になります。
冷たい物や甘い物を食べると歯がしみる、歯が痛む、口臭が強くなったような気がする、
歯に穴があいている、舌で歯を触ると引っ掛かりを感じるなどあてはまることがございましたら、
虫歯の可能性がありますので、お早めにご来院ください。

虫歯の進行

C0 初期の虫歯

歯の表面が溶け始めたごく初期の虫歯です。歯の表層のエナメル質が少し溶け、斑点状、帯状にしろや茶色ににごったりします。
この段階では痛みなどの症状はほとんど無く、削る必要はありません。フッ素塗布などで進行を防ぐことができます。

C1 歯の表層の虫歯

歯の表層のエナメル質のみが溶かされ穴のあいた状態です。この段階では痛みもほとんどありません。
虫歯を削り、削った部分に詰め物を詰めます。

C2 象牙質まで進行した虫歯

虫歯はエナメル質の内側の象牙質まで進行して、甘いもので痛みがあったり冷たいものがしみたりするようになり、自覚症状がではじめます。
この段階では神経を残すことができ、虫歯を削り、削った部分に詰め物やかぶせ物で治療していきます。

C3 神経まで進行した虫歯

虫歯が神経まで進行し、神経や血管が密集した歯髄が炎症をおこし、歯髄炎と言われる炎症がおこります。
熱いものがしみたり、何もしていなくても激しい痛みが生じます。
ここまで進行すると、歯を削るだけでなく炎症をおこしている歯髄を取り除く根管治療が必要です。治療期間は長くなり、歯髄を取り除くと歯はもろくなります。

C4 歯根まで進行した虫歯

歯の根だけが残っている状態で、虫歯の末期です。C3まで進行し、痛みがしばらく続いた後も放置すると、やがて痛みは無くなります。これは痛みを感じる神経そのものが壊死して痛みを感じなくなっているだけで、虫歯が治ったわけではありません。
歯の神経はすでに死んでおり、歯の根まで虫歯に侵されていますので、通常は抜歯をします。
歯を抜いた後はブリッジや入れ歯、インプラント治療になります。

根管治療

虫歯が進行して歯の神経まで到達してしまった場合は、「根管治療(こんかんちりょう)」が必要になります。
原因は深い虫歯、歯の亀裂、外傷などです。炎症や感染をそのまま放置しておくと、 歯が痛んだり、根の周囲の組織に炎症が広がったり、歯肉が腫れたりします。
場合によってはリンパ節が腫れたり発熱したりと全身的にも影響が出ることもあります。
根管治療によって、これらの症状が軽減したり、治癒したり、予防できたりするのです。
これは、歯の神経や血管が入っている管(根管)から細菌によって汚染された組織を徹底的に除去し、
内部を消毒して薬を詰め、虫歯菌が入らないように密封してクラウンを被せる治療です。
根管治療は通常の虫歯治療よりも難易度が高く、患者さんの負担も大きい治療法ですが、
処置することで抜歯しなければならないほど虫歯が進行している状態でも歯を残せる可能性が高まります。

歯周病について

歯周病とは、歯の周りの歯ぐき(歯肉)や、歯を支える骨などが細菌の感染によって破壊される病気で、かつては歯槽膿漏と言われていました。
お口の中にはおよそ300~500種類の細菌が住んでおり、ブラッシングが充分でなかったり、
砂糖を過剰に摂取すると細菌がプラークを作り出しむし歯や歯周病をひき起こします。
症状は歯と歯ぐきの境目(歯周ポケット)に細菌が入り、歯肉が炎症を起こし赤く腫れて、ブラッシング時に出血します。
しかし、痛みは全くありません。
さらに進行すると、歯肉の中にある歯を支えている骨(歯槽骨)が溶けて、膿が出たり歯がグラグラしてきます。この時期になると、やっと痛みや腫れをともないます。
そして、最後には歯が抜けてしまいます。
その理由として、初期の段階では虫歯のように歯に穴があいたり、痛くなったりと言ったはっきりとした症状が現れにくく、
かなり進行しないと、痛みや腫れと言う自覚症状が現れないからです。
さらに、日本人には歯の定期検診を受ける習慣があまりないこと、また歯周病を確実に治療できる歯科医が残念ながら非常に少ないことなどが考えられます。
歯周病にならないためには正しい歯ブラシの方法を行い、歯肉の中まで入っている歯石を完全に取り除き、
さらに根の表面を滑らかにして炎症を引き起こす細菌を徹底的に除去、健康の保持のため歯科衛生士による専門的なクリーニングなどのメインテナンスを定期的に受けることです。
一生自分の歯で噛むためには、むし歯の予防と同時に歯周病の予防と適切な治療が大切なのです。

歯周病と全身疾患の関係

最近の研究では、歯周病菌は低体重児出産、肺炎、動脈硬化などの原因となる事が明らかになってきました。
歯周病菌が歯茎から血管に入り込み、心臓周りの血管にとりつき動脈が固くなったり狭くなったりして、動脈硬化が生じます。
そして血流が悪くなり心筋梗塞や狭心症などのリスクが高まります。
糖尿病に関しても、歯周病菌による歯茎の炎症で生じるサイトカインという物質によって糖尿病が悪化するとも考えられております。
また、妊婦さんでは、子宮収縮により低体重出産の原因となっている可能性があるといわれております。
このように歯周病菌はお口だけの問題ではなく、身体全身に関係する原因菌でもあります。

歯周病の進行

軽度歯周病

歯周ポケットにプラークがたまり、細菌が出す毒素によって歯茎が炎症をおこし、赤く腫れます。ブラッシング等の刺激で出血します。この段階では自覚症状が無いケースがほとんどです。

 
中度歯周病

歯肉の炎症が進行し、赤みや腫れがひどくなります。細菌が骨部にまで進行しとかされていきます。歯茎からの出血だけでなく歯と歯茎の間から膿が出る事もあります。この段階でほとんどが自覚し始めます。

 
重度歯周病

組織の破壊が進み歯の骨部や歯肉が少なくなり歯を支える骨がほとんど溶かされて歯がグラグラするようになります。このまま進行すると歯が抜け落ちてしまいます。

義歯(入れ歯)

歯を失ってしまって歯並びを維持するために近年、様々な治療法の発達によって歯を失う前の健康的な状態に近づけることができるようになってきました。
その中の一つに義歯(入れ歯)があります。
違和感があり使いづらいこともあると思いますが、当院ではできる限り皆様のご希望に合った義歯を製作いたします。
義歯のメリットは治療期間での咀嚼機能の回復が期待でき、保険での治療も可能でインプラントなどに比べて安価であるところです。
しかしながら小さすぎる義歯、異物感の少ない義歯にはときとして残っている歯に負担をかけすぎたり、土台となる骨を失わせてしまうこともあります。
診断とご要望に添って設計させていただきます。
義歯はお口の型をもとに作りますが、出来上がってすぐなじまないこともあります。
お痛みや違和感があるときには我慢なさらず、予約日以外でもすぐにご来院ください。
バネの目立たない入れ歯もございますので、詳しくはお問い合わせ下さい。

Page Top